龍馬伝の人々

アクセスカウンタ

zoom RSS 龍馬伝 小曽根乾堂 長崎の豪商

<<   作成日時 : 2010/07/25 22:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

小曽根乾堂 (こそね けんどう、男性、文政11年5月2日(1828年6月13日) - 明治18年(1885年)11月27日)は、江戸時代末期から明治時代の日本の篆刻家である。明治政府の勅命により御璽・国璽を刻したことでしられる。

幼名を六郎太、六朗。諱を豊明、字を守辱、乾堂は号で室号を鎮鼎山房とした。通称は栄。長崎の人。


小曽根家の遠祖は武田勝頼の家臣とされるが、家祖は江戸時代初期の平戸道喜である。道喜は博多・平戸と移り、慶長年間に長崎本博多町に住み、古物商と外国貿易を生業とした。出島の南蛮屋敷の建設、眼鏡橋の修復、瑞光山永昌寺の建立など様々な事業を行った。この道喜の代に小曽根姓に変った。その後、家運が衰え乾堂の祖父の代には貧窮に陥ったが父・六左衛門は幕末頃、越前藩や佐賀藩の御用商人となり長崎屈指の豪商になった。乾堂はこの父と母・中山氏の第一子として生まれた。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
龍馬伝 小曽根乾堂 長崎の豪商 龍馬伝の人々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる