龍馬伝の人々

アクセスカウンタ

zoom RSS 龍馬伝 長崎での仲間たち 新宮 馬之助

<<   作成日時 : 2010/07/31 00:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

新宮 馬之助(しんぐう うまのすけ、天保7年(1836年) - 明治19年(1886年))は、土佐藩士・海援隊隊士、雅号は鬼国山人。

高知で河田小龍に師事し学問や絵を学ぶ(この頃の塾生に近藤長次郎がいる)。その後「焼継業修業」のため江戸へ遊学。遊学中に坂本龍馬の誘いで勝海舟に師事する。その後は龍馬と行動を共にする。神戸海軍操練所で航海術を学んだ後長崎で結成された亀山社中に参加した。慶応2年(1866年)1月21日(旧暦)、長州藩代表桂小五郎と薩摩藩代表西郷隆盛が京都薩摩藩邸で会見し薩長同盟を締結した際には龍馬らとともに調停役として同席する。その後海援隊の中心メンバーとして活躍する。維新後は浦賀にあった海兵団に所属、海軍大尉まで出世する。長崎市で死去。享年51。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
龍馬伝 長崎での仲間たち 新宮 馬之助 龍馬伝の人々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる