龍馬伝の人々

アクセスカウンタ

zoom RSS 龍馬伝 亀山社中仲間たち 近藤長次郎

<<   作成日時 : 2010/08/01 21:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

近藤 長次郎(こんどう ちょうじろう、天保9年3月7日(1838年4月1日) - 慶応2年1月14日(1866年2月28日))は幕末期の土佐藩出身の人物である。名を春宗。別名は上杉宋次郎、近藤昶次郎、梅花道人。


高知城下の饅頭商人の息子として生まれ長次郎自身も饅頭を売り歩いていたため、はじめは苗字がなく饅頭屋長次郎と呼ばれた。幼少期から聡明で土佐では河田小龍、江戸では安積艮斎らに学んだ。その才能を山内容堂にも認められて文久3年(1863年)に名字帯刀を許された上で、神戸海軍操練所に入った。岩崎弥太郎とは知己で、土佐を立つ際には餞別として刀を貰っている。同じく土佐藩出身である坂本龍馬とは仲が良く、龍馬と共に海援隊の前身である亀山社中を設立した。また龍馬の命令で長州藩に赴き、小銃を売り渡している。このとき、長次郎は長州藩主の毛利敬親から謝礼の言葉を直々に頂いている。



龍馬の影を生きた男近藤長次郎
宮帯出版社
吉村 淑甫

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 龍馬の影を生きた男近藤長次郎 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

近藤長次郎
楽天ブックス
商品副データ龍馬の影を生きた男吉村淑甫宮帯出版社この著者の新着メールを登録する発行年月:2010年0

楽天市場 by 近藤長次郎 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
龍馬伝 亀山社中仲間たち 近藤長次郎 龍馬伝の人々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる