龍馬伝の人々

アクセスカウンタ

zoom RSS 龍馬伝 長崎の人々 大浦 慶

<<   作成日時 : 2010/08/04 20:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

大浦 慶(おおうら けい、文政11年6月19日(1828年7月30日) - 明治17年(1884年)4月13日)は、日本茶輸出貿易の先駆者。


文政11年(1828年)に長崎の油商、大浦太平次、佐恵の娘として生まれる。後に、賀古市郎右衛門の次男、大五郎(1818年 - 1837年)が婿養子として大浦家に入る。しかし、慶が9歳のときに死ぬ。大五郎の死後、幕末の動乱の中で変わり、財政的にもたなくなってきた。それに追い打ちをかけるように、天保14年10月24日(1843年12月15日)の夜に出来鍛冶屋町より出火した火は、今籠町・今鍛冶屋町・油屋町・今石灰町・新石灰町・高野平郷など家屋526戸が焼ける大火が発生した。大浦家は、この大火で大損害を受けた。この時、慶は16歳。慶は大浦家再興に尽くそうとした。

翌年、蘭学を学びに長崎にきていた天草の庄屋の息子の幸次郎(秀三郎とも)を婿養子に迎える。しかし、慶はこの幸次郎が気に入らず、祝言の翌日に追い出した。以後、死ぬまで独身を貫きとおすこととなる。




【送料無料 日本茶・煎茶】うれしの茶(100g)
いいもの厳選ほんぢ園

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 【送料無料 日本茶・煎茶】うれしの茶(100g) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
龍馬伝 長崎の人々 大浦 慶 龍馬伝の人々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる